歯並びが悪いせいで毎日の歯磨きが大変なんです

歯並びが悪いせいで毎日の歯磨きが大変なんです

歯並びや噛み合わせの悪い例としては、上あごの歯が前に出ていたり逆に下あごの歯が前に出ていたりします。あるいは、歯と歯の間に隙間があったり奥歯が高いために噛み合わせた際に、上下の前歯どうしの間に隙間が開くといった例などもあります。こうした歯並びや噛み合わせが悪いと、どうしても毎日の歯磨きも大変です。当然のことながら磨き残し部分なども出てくるので、虫歯にもなり易くなってしまうということにもなります。やはり長い人生を想定した場合には、朝晩の歯磨きを良くすることで虫歯や歯周病を予防するということは大切なことでもあります。



また歯並びが悪いと、男性ならばそうでもないのかもしれませんが、とくに女性の場合には人前でも前歯を出して素直に笑えないというような状態にもなってしまいます。そうしたコンプレックスを日々抱えながら生活をするのは、大変なことでもあります。そうした意味においては、コンプレックスの原因でもある歯の矯正治療に踏み切ることも大切なことです。

下顎骨脱臼: 歯科救急: メルクマニュアル18版 日本語版

幸いにも近年では歯の矯正技術も進歩しており、従来からのワイヤーによるスタンダードな矯正方法以外にも、プラスチックやセラミック製のブラケットという矯正治具も開発されており、そうした治具を透明や白い色にすることで目立たなくすることも可能になっています。その他にも、透明のマウスピースを使用する矯正方法もあるようです。しかもブラケットやワイヤーを装着しないために、矯正していることが人に気づかれることもない上に、取り外しも出来るようになっています。

公益社団法人日本医学放射線学会-レントゲンの日

今後の幸せな人生を送るためにも、歯並びが悪いことでお悩みの方は、歯の矯正治療を試みられてはいかがでしょうか。